12月9日(日)・16日(日)石川県歯科医師会にて公立能登総合病院の長谷剛志先生をお招きし、高齢者食支援アドバンスセミナーが行われました。

テーマは『摂食嚥下診療を極める〜「食べる」を診る新たな歯科的戦略とは〜』
9日の講演は
 1.高齢者の心身特性と食べる機能の変化
 2.摂食嚥下障害の要点とミールラウンド
 3.歯科的アプローチと地域・職種間連携の構築

この日は霰まじりの寒い日にもかかわらず会場は120名の受講者で大盛況でした。

続いて16日は講演とグループディスカッション
 1.嚥下機能評価と訓練・支援方法
 2.嚥下内視鏡検査・VEデモ
 3.模擬ミールラウンド・ワークショップ

嚥下内視鏡検査のデモでは、受講者が被験者となり食べ物を嚥下した時の状態について観察するといった内容でした。
またワークショップでは、参加者がグループに分けられ、長谷先生より提示された症例で実際にミールラウンドを体験し、活発なグループディスカッションが行われました。