石川県 金沢市 石川県歯科医師会立歯科医療専門学校 歯科衛生士 歯科技工士 教育訓練給付制度

活躍する先輩たち

向井 真紀さん 50期卒業生

チーム医療の一員として働くということ

Q.どんな職場か教えてください
口腔の外科処置、新生児から終末期患者まで幅広い患者さんへの口腔ケアを行っています。
歯科衛生士は周術期口腔機能管理など仕事が増えて活躍の場が広がっているだけではなく、対象患者の拡大により需要も高まっています。
Q.病院歯科での仕事について教えてください
全身疾患を抱えている患者さんが多く、口腔内のことだけではなく、全身の知識が必要です。
私たちは口腔ケアを行う中で、普通の歯科では見られない症例を多く目にしますし、そういった方に対する精神面のケアも重要になっています。
常に勉強しなくてはいけませんが、やりがいがあります。



赤田 佳陽さん 39期卒業生

手術中の共同作業は阿吽の呼吸。スムーズな治療のためにできること


Q.どんな職場か教えてください
地域の中核病院として、口腔疾患の中心的役割を担っており、各大学病院・一般病院をはじめ開業医院との連携を積極的に推進しています。
また全身麻酔下での手術も多くチームの一員として求められることも多いです。
Q.病院歯科での仕事について教えてください
外来での口腔外科的疾患の手術を中心とした治療をはじめ一般歯科治療・障害者歯科治療の準備・アシスト・保健指導、全身麻酔下での手術にも携わります。近年では周術期口腔ケアの重要性も注目され歯科衛生士として大きな役割も担っています。
また、病院内に併設された高齢者施設の口腔ケアのサポートやチーム医療における回診スタッフとしても参加し、地域に密着した医療の提供と住民に向けて市民公開講座や出前講座、患者サロンへの教育体制にも取り組んでいます。



米村 真理子さん 38期卒業生

自分で守ることの大切さを伝えたい


Q.どんな職場か教えてください
2階フロアが治療で1階はすべて個室のオーラルヘルスメンテナンスセンターとなっており歯科衛生士がメインテナンスを中心とした予防業務を行っています。
歯科医師のアシスタントだけではなく、自分の受け持ちの患者さんのメインテナンスをすることが私たちの主な仕事です。
Q.予防歯科での仕事について教えてください
定期的なメインテナンスやオーダーメイドトリートメントの提供、唾液検査などを行い原因を判断して個人にあった対策を考え、患者さんに指導しています。
歯科衛生士は子どもからお年寄りまで、人の人生に寄り添う仕事だと思っています。


山崎 由美香さん 35期卒業生

子どもたちのお口の健康を通じて、健やかな成長のお手伝いをしていきたい


Q.どんな職場か教えてください
小児専門で大人の治療は行っていません。患者さんは0歳のお子さんもいらっしゃいます。
治療が怖い子には無理に治療するのではなく、歯磨き指導や遊びを通して怖くなく治療を受けれるように進めていきます。
Q.小児歯科での仕事について教えてください
多くの方が抱いている「歯医者さんはこわい」というイメージを「楽しい」「行きたい」に変えたいと思っています。また行きたくなる楽しい歯科医院を目指し、色々な工夫をしています。



梅沢 里香さん 53期卒業生

広い視野を持ち、細かいところはより精密に


Q.どんな職場か教えてください
虫歯治療や歯周治療、予防処置、審美治療など保険外の診療も行っています。
根管治療にはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いてより正確に精密な治療を提供しています。
Q.一般歯科での仕事について教えてください
補助では広い視野で周りを見ること、言われる前に患者の変化に気づくこと、きれいにスピーディにすること、どうしたら治療がスムーズにできるか考えながら行動することが重要です。
患者さんや歯科医師への気遣いを主体的に物事を考えて行動に移しています。



PAGETOP
Copyright © 石川県歯科医師会立歯科医療専門学校 All Rights Reserved.